選ばれない婚活から脱出!選ばれない理由から選ばれるためのコツまで

選ばれない婚活から脱出!

婚活においては、お互いに選べる立場であると同時に選ばれる立場であるということを理解していない人が多いような気がします。

あなたが好きなもの、あなたが求めるもの、あなたが結婚したいお相手…すべてあなたの願望だけで考えていてはいけないのです。結婚は一人ではできません。お相手の存在が不可欠なのです。

だからこそお相手から選ばれる存在にならなくてはいけません。そのためにはまず自分を知ること、理解することが必要です。

あなたが婚活で選ばれない理由

まずは自分を知ることから始めていきましょう。「自分を知るって一体なんなの?」と思われるかもしれません。

もしある程度婚活を進めていても、「なかなかお相手に選ばれない…」と悩んでいるのであれば、現状を見直してみましょう。

プロフィールの写真が良くない

プロフィールの写真はしっかりと姿が写っているものですか?プリクラや、過度に加工された写真は、かえってマイナスです。しっかりと自分の見た目がわかる写真を載せましょう。マッチングアプリや結婚相談所では、プロフィール写真が相手にとっての第一印象となります。写真で気に入ってもらわなければ、デートにも繋がりません。

適当な写真を設定してしまっている人や、マッチングの段階でなかなか選ばれずにデートに進めないという人は、今一度プロフィール写真を見直してみましょう。

マッチングアプリでは、本人の顔や雰囲気がよくわかる自然体の写真が好まれます。また旅行やスポーツなど趣味がわかるような写真も、気の合う人とマッチングしやすくなるのでオススメです。複数枚の写真を設定できるので、自分の見た目や人柄がわかるよう、できる限り多くの写真を設定するようにしましょう。

結婚相談所では、マッチングアプリよりもさらにかしこまった写真を用意することが多いようです。フォトスタジオと提携して、きちんとしたプロフィール写真を撮ってくれるサービスもあります。写真で選ばれなければ、話が始まりません!必要経費だと捉え、第一印象となるプロフィール写真にはしっかりと力を入れましょう。 以下のような写真は、一般的に印象が良くないと言われています。

  • 加工が強すぎる写真
  • ぼやけている写真
  • プリクラ
  • 顔の一部が隠れている写真
  • 友人など複数人と映っている写真

このような写真を設定してしまっている人は、ぜひプロフィール写真を変更しましょう!

良いプロフィール写真のポイント

・見た目がしっかりわかる写真を複数枚用意する
・趣味や好みがわかる写真があるとなお良い
・フォトスタジオでちゃんとした写真を撮るのも◎

プロフィールの内容が少ない

プロフィールの内容は上から下まで埋めていますか?

記載して損なことはありません。何が好きか、趣味・特技は?お酒は飲めるのか、飲まないのか。犬派か猫派か。あなたが会ってみたいなと思う人のプロフィールをみて真似することから始めてもいいかもしれません。

休日はなにをして過ごしているのかがわかると、会ったときの話のネタにもなりますね。重要なことは、具体的に記載すること。例えば、「よく映画を見ます」だけでは、どんなジャンルが好きなのかわからず、あまり興味を惹きません。ホラーなのか、恋愛ものなのか、歴史ものなのか…もっと具体的に名前を挙げると、ぴったり共感してくれるお相手が現れやすいかもしれません!

自己PRは簡潔に、わかりやすく!ダラダラと書いても仕方がありません。限られた文字数の中でも、さりげなく自分の良いところをアピールするようにしましょう。

ここでぜひ、あなたの結婚への真剣な気持ちや長所を伝えていきましょう。婚活を始めたきっかけを書いてみることも、親しみ感を持ちやすく好印象かもしれませんね!

婚活において“見栄をはること”は絶対NGです。嘘をついてもバレてしまうし、後々嘘が発覚したとき、それまでいい関係のお相手でも嫌われてしまうことだってあり得ます。情報は性格に記載しましょう。

良いプロフィール内容のポイント

・趣味や好みがわかる内容をできる限り記載する
・趣味や好みは具体的に記載する
・婚活への本気度を伝える

相手との話が盛り上がらない

相手の話にしっかりと相槌をうっていますか?質問を返していますか?質問に答えるだけになっていませんか?

あなたはたくさん質問に答えることで、楽しいかもしれないですが、相手は「自分ばかりが話題提供をしている・・」と思っているかもしれません。

重要なことは、自分の話をするのはあくまできっかけ。目的としては相手が共感してくれるポイントを見つけることです!

いわゆる「聞き上手」を目指してみてください。

「〇〇は好きですか?」「どんな仕事をしているのですか?」など、一つの話題に対し、相手にも質問を振るよう心がけると話が展開していきます。

あまりにくどく質問をしてしまうと、不快に思われる可能性もありますので、そこはお相手の性格や反応を見つつ、“会話”を楽しんでいきましょう。

もちろん聞いていて不快になるようなことを話すのはやめましょう。悪口や噂話、会社の愚痴などのマイナスな話は聞いていて気持ちいいものではありません。 こんな話をしてしまっては、相手は辟易としてしまい、もちろんあなたを選んではくれません。

楽しい会話のポイント

・共通の話題を探る!
・こちらからも適度に質問を投げかける
・不快になる話は避ける

他者に対して失礼な言動がある

例えば、お店で店員さんに失礼な態度をとっていませんか?店員さんに失礼な態度をとる人と結婚したい!という方はまずいません。

また、人を見下したり馬鹿にしたり、ネガティブな発言はしていませんか?人は前向きな人と一緒にいたいと思うものです。

また、ものの扱い一つとってもよく見ている人は見ています。ゴミはしっかりゴミ箱に捨てているか?ものをおくときに雑に投げていないか。

些細な言動のように見えて、その人の本質が表れる部分でもあります。普段からこのような点には十分注意しておき、大切な場面でうっかり出てしまわないよう気を付けましょう。

丁寧な対応のポイント

・誰にでもきれいな言葉遣いを心がける
・ものを雑に置いたり、扱ったりしない
・店員さんなどに横柄な態度をしない
・お店や店員さんの悪口を言わない

理想が高すぎる

「普通の人でいいの。」…普通とはなんでしょうか?年収500万円、大学卒、身長170センチ以上、見た目はイケメンではないが清潔感がある・・・・この方は「普通」ですか?

普通と思ったあなたは、黄色信号です。「年収は500万円ぐらいあればいいよね」と思っていませんか?

国税庁発表の民間給与実態統計調査によると、 日本のサラリーマンの平均年収は436万円と言われています。つまり年収500万円以上の男性は普通以上の男性です。かつ、そこに“イケメン”“長男以外”などの要素を加えてしまうと、さらに数が減りますね。

自分として譲れないポイントはどこなのか?ここだけは譲りたくない、というところのみにフォーカスをして活動するほうが、たくさんの人と出会える可能性がぐんと上がります。

”理想”に対する考え方のポイント

・年収や仕事にこだわりすぎない,br> ・自分の“普通”は婚活市場でも“普通”であるのか確認してみる
・本当に譲れない条件を吟味する

婚活しても結婚相手として選ばれない人の特徴

マッチングアプリもしっかり使っている、結婚相談所にも登録した、婚活パーティーにも積極的に顔を出している!

デートを重ねても、その先に進むことができない…。お付き合いまで発展したとしても、結婚まで到達する気配がない…。それには理由があるかもしれません。

ネガティブな思考回路

ネガティブな人とは、友達としても一緒にいたくないですよね。ネガティブが及ぼす悪い影響は計り知れません。「どうせ私なんて・・」「きっと良くない方向にいく・・」となんでもマイナスに考えていると、表情も暗くなり、どんよりとした雰囲気に…。

「そんなこといっても性格はなかなか変えられない!」と思いますよね。その場合、ネガティブな考え方をポジティブに昇華できないか考えてみましょう!
ネガティブな人の心境をポジティブに変換すると、

  • 人の痛みがわかる
  • しっかりと考えて行動する思慮深さがある
  • 勢いで行動しない慎重さがある

と、言えるのではないでしょうか。

その共感力や感受性を武器に変えていきましょう!「優しい人だな」「すごくよく話を聞いてくれる人だな」と思われるように行動すればいいだけなのです。

自身でも「自分はネガティブだから…」と決めつけず、「…心配性だけど、それはつまり慎重とも言えるし悪くもないかも」と考えるようにすることで、少しは前向きになれるはずです。

浪費グセがある

浪費グセがある人は、男女問わず結婚相手としては見られません。婚活で選ばれにくい大きな理由と言えます。

1ヶ月で給料をすべて使い果たしてしまい、全く貯金がない、カードローンをしてまで買い物をしてしまう、お酒やタバコ、ギャンブルなどがやめられない…このような特徴があてはまる人は浪費グセがあると言えます。

浪費グセがある人の傾向としては、

  • 計画性がない
  • 我慢ができない
  • 見栄っ張りである
  • ストレス発散が上手くできていない

という人が多いと言われております。

結婚とお金は切っても切れない関係であり、結婚後もお金を理由に関係が破綻してしまうケースも少なくありません。

少しでも浪費グセがあると思われる人は、早急な対処が必要です。どういった理由で浪費を繰り返してしまうのか、ストレスのせいであれば他に発散できる方法はないのか、など浪費の根源となっている理由を考え、少しでも改善を目指すべきです。

束縛や干渉が強い

適度なヤキモチは嬉しいものですよね。しかし、「常に相手が何をしているのか気になる」「携帯を見ないと気がすまない」など、度をこえた束縛は嫌われてしまう理由になりえます。

束縛をしてしまう心理としては、相手の行動を自分が把握することで、支配できていると錯覚し満たされるといわれているのです。

また、束縛をする人の特徴として、

  • 自分に自信がない
  • 過去の恋愛にトラウマがある
  • 自分が浮気性なので相手のことも疑ってしまう

などが挙げられます。

行き過ぎた束縛は相手を傷つけるだけです。まずは自分に自身を持ち、信頼できる相手を見つけましょう。人間関係はミラーリングです。あなたが相手を信頼すれば、おのずと相手もあなたを信頼してくれますし、逆も然りなのです。

上から目線である

人をイラつかせる「上から目線」。悪気はなくても、自然とそうなってしまう人もいるかもしれません。職場や学校なんかでは「あの人いつも上から目線で嫌だよね」と、悪口にあがることもあるのではないでしょうか。

上から目線で嫌だな、と思われてしまう人の特徴としては、

  • 頼まれてもないのにアドバイスをしてしまう
  • 専門用語をやたらと使う
  • 自分の考えがベストだと思いこんで発言をする

ことが挙げられます。

ただ、この“上から目線”になってしまう深層心理は、「すごい人だと思われたい」「見栄・自信のなさ」が挙げられます。

どうしても上から目線になってしまう・・という自覚があるのであれば、まずは発言をする前に1度立ち止まって考える癖をつけましょう。

今は話を聞くときなのか、アドバイスを求められているのか、自分の価値観で話をしてしまっていないか、相手を受け入れる姿勢を示しているか・・少し止まって考えるだけで、思考や発言の癖がついていき、自然と改善されていきます。

婚活で選ばれる人になるポイント【女性編】

ここまで選ばれない婚活にフォーカスを当ててきましたが、それでは選ばれるためにはどうしたらいいのか?婚活で選ばれる女性はどんな人なのでしょうか?

整った見た目・きれいな身だしなみ

「今日はすっぴんでいいや~」「ジャージでコンビニまで出かけちゃおう」と思っていませんか?もちろん気を抜く瞬間も大切です。しかし、いつ誰に見られているかわからないのも事実。

常に一番美しい自分でいられるよう努力をしましょう。美人は得ではありますが、単に容姿が良い・悪いでは判断されるわけではありません。身だしなみや清潔感がもっと大切です。
当たり前ですが、婚活パーティーという場ならTシャツやジーパンで参加するのはNGです。また、フケがある、髪の毛が脂でベッタリしている、ブラウスやスカートがヨレヨレ…などで参加するのは避けましょう。不潔な人はどんなに顔が整っていても選ばれる事はありません。

自分に合った適度なヘアメイク、整った清潔感のある身だしなみ、持ち物をきれいに整える…こういったことを徹底しておくと、容姿に関わらず、小綺麗な印象になり、好感度も上がるでしょう。

マナーや言葉遣いが丁寧

食事のマナーや言葉遣いを一度見直してみるといいかもしれません。意外と日本語が間違っていたり、気が付くと言葉遣いが荒くなっていたり…

出会いの印象は大事です。最初からタメ口、汚い言葉使いで近づいてくる人と仲良くなりたいとは思いませんよね。普段から口が悪くなってしまったり、タメ口が癖になってしまったりしている人は、日頃から意識してみましょう。

言葉遣いが荒いことはもちろん印象が悪いですが、大人女性のむやみやたらなタメ口もだらしなく、馴れ馴れしく見えてしまいます。

一般的なビジネスシーンで使われるような言葉遣いは、婚活シーンでも好印象です。またちょっとした食事の所作も、育ちや品が垣間見えてしまいます。婚活だけでなく、すべての場面でも言えることなので、普段から丁寧な言葉遣いや所作を身に付けるようにしましょう。

明るく素直な印象

笑顔の魅力に勝るものはありません。にこにこと話を聞いてくれている人に、悪い印象を受ける人はいないでしょう。

出会いの場において、無表情であったり不機嫌に見えたりする人は、男性から見ても声をかけづらいのです。

「緊張している」「パーティーの雰囲気に馴染めない」等の理由もありますが、つまらなそうな顔をしていると、どこかお高くとまっている印象に見えてしまうことも。

数多の人がいる、さらに限られた時間の中では、「とっつきにくそうな人」は敬遠されてしまい、せっかくの出会いを逃してしまうかも…

男性と会話をしているときはもちろん、ちょっとした空き時間のような場面でも、誰かがあなたを見ています。声をかけてもらいやすいよう、少なくとも暗い表情や険しい表情にならないように意識しておくとよいかもしれません。

家庭的な面がある

「料理が上手」「整理整頓が得意」「子どもと遊ぶのがすごくうまい」など、なんでも良いと思います。結婚を意識した婚活のシーンでは、将来の家族像に紐づきやすい“家庭的な面”があると、男性には好印象です。

料理にフォーカスしてみると、マイナビウーマンのアンケートでは、家庭的な料理を「好き」と答えた男性の割合は、なんと9割以上に上ったそうです。女性が思う以上に、「家庭的な料理」を望む男性は多いと言えるのかもしれません。

料理や掃除が苦手な人ももちろんいるでしょう。もし少しでも興味があるのであればチャレンジしてみるのも◎。婚活に関わらず、自分の生活を豊かにしてくれます。

「どうしても無理!」という場合でも、あまりそれを前面に出しすぎず、「苦手だけど努力はしたい」という姿勢を見せるだけで、男性は結婚生活に対して安心できるはずです。

気配りができる

気配りができる人は男女問わず、好印象です。「自分はなかなか気配りに自信がない…」という人も、ちょっとした意識でその印象もガラリと変わります。

  • 相手のごはんやドリンクはなくなっていないか時折チェック
  • 自分ばかり話さず、相手にも質問をするよう努力する
  • 相手の持ち物や身なりのよい部分を褒める
  • 相手の体調が悪そうに見える場合は聞いてみる
  • 忘れ物や落とし物を相手に知らせてあげる

などなど、簡単そうに見えても実は意識していないとできないことだったりします。でも逆に言えば、ちょっとの意識で“気配り上手”に見えるということ!

些細なことに気がついて行動できると、男性はふいに「どきっ」とさせられるはずです。

婚活で選ばれる人になるポイント【男性編】

どちらの男性と今後関係を続けたい、と思いますか?

A「おいしいラーメンや丼もの、結構自分は通のお店を知ってる。連れて行ってあげます!」

B「なにが好きですか?好きなものを教えてくれれば、そのお店を探して案内します」

選ばれない男性は、すべてのメッセージが自分に向いている傾向にあり、選ばれる男性は、相手の希望を基に話を進めます。

「関係を続けたい」「発展させたい」と思われるには、相手の希望も尊重することが大切です。婚活で選ばれる男性にはどんなポイントがあるのでしょうか。

清潔感のある身だしなみ

男性が思う「身だしなみ」と女性が思う「身だしなみ」にはかなり大きな差があります。男性視点でいうと、「顔をしっかり洗ってひげを剃った。髪の毛も切ったし、シャツにもアイロンかけてきた。これ以上なにをやれと?」となるかもしれません。

ただし女性は違います。ひげを剃る、シャツを整えるのはもちろんのこと、歯には黄ばみや口臭・体臭にも敏感です。また、持ち物についてもカバンやハンカチは清潔か、携帯は割れていないか・・など、かなり細部まで見られています。

周りに女性がいたら、率直に意見を聞いてみるのもいいかもしれません。

ある程度の収入

日本人男性の平均年収は474万円前後といわれております。これを踏まえると、500万円を超えてくると平均以上ということになります。

そして、婚活市場に多くいる男性は年収400万以上の方がメイン層になっています。日本全体でみたときに、年収300万円台の方は多く存在することがわかりますが、婚活において、年収300万円台は少ない方なのです。

ですから、必然的に女性たちの希望も「年収は400万円以上がマスト」となるのです。いつ何が起こるかわからない時代…本格的に結婚を考える女性にとっては、男性の収入も大きな要素の一つなのです。

年収に課題がある場合、思い切って転職をして年収を上げにいくのも一つの手です。またスキルを活かし、副業や簡単な投資なども収入アップの方法の一つ。自分に合った方法で年収アップを目指すことは、自身にとってもプラスなはずです。

明るくポジティブである

女性にも男性にも共通して言えることですが、明るく前向きな人を嫌いになる人は基本的にいないでしょう。明るい人の多くは、精神的に安定していて内面から自信が満ち溢れているため、落ち着いており、振る舞いが堂々としています。単に明るいから好き、というよりはそこに安心感を抱くのです。

では明るくなるためにはどうしたらいいか?日常の中で、よかったことを意識的に見つけていく習慣をつけるといいかもしれません。1日を過ごす中で、よかったこと・悪かったこと、それぞれ起こると思いますが、受け取り方は人によって違います。日常のちょっとしたことに喜びを見つけられる人は幸福度が高く、それが雰囲気となって現れます。

ついよくなかったことを考えてしまう人でも、寝る前に“今日一日のよかったこと”を必ず3つ出してみるといった習慣を付けると前向きになれるといいます。

もちろんのことながら、仕事の愚痴や日々の不平不満ばかり言う男性に女性はまったく惹かれません。しかし、気付かずやってしまう男性も多いかも…意識的に気を付けていきましょう!

話を聞いてくれる

いわゆる「聞き上手」になりましょう!聞き上手、とはどういう人か。それは、「相手が話しやすい・話したいと思える雰囲気を作れる人」です。

その雰囲気はどうやったら作れるのかというと、自分の話よりも相手の話を優先し、相手が気持ちよく話ができるようにすること。話を聞いている中で「そういえば自分も・・・」「自分のときは・・」など、つい自分の話をしたくなってしまいますが、そこはぐっとこらえてください。

まずは相手の話を聞いた上で、相手から質問されたり、間が生まれたりしたら自分の話を持ち出しましょう。それが円滑なコミュニケーションに繋がります。

エスコート・リードしてくれる

エスコート上手な男性は、とにかくモテます。それこそ年収が少し低くても、多少清潔感にかけたとしても、女性第一の男性は人気があります。

それは女性が「この人はこんなに私を大切にしてくれているんだ!」と思えるからです。ずっと続けているとそのうち意識せずできるようになりますが、最初は意識しないとできない男性も多いはずです。

  • ドアの開け閉めをリードする
  • 歩く時は車道に回る
  • ソファや広い席を譲る
  • 重いものや荷物を持ってあげる

このあたりから、ぜひ意識して実践してみてください。また、行う際にはわざとらしくならないよう、自然にふるまうことがポイントです。

マッチングアプリで選ばれるコツ

まず、すべてのプロフィール項目を埋めることから始めましょう!

サクラや遊び半分の気持ちではなく、本気で婚活に臨んでいることを示してください。

もちろん年齢や職業などは虚偽を書かず、真実を記載しましょう。

自己紹介文のコツは、必要な情報を長くなりすぎないように、まとめることです。長すぎると読んでもらえない可能性があります。

「居住エリア」「趣味や休日の過ごし方」「自分の性格」「職業」「利用の理由」といった項目を端的にわかりやすくまとめましょう。

また、写真は必ず上限枚数までできる限り載せ、自分がはっきりわかるものをチョイスしましょう!顔や体型がわかりやすい写真、趣味を楽しんでいる写真を選ぶと実際に会ったときにもギャップが生まれません。

婚活パーティーで選ばれるコツ

婚活パーティーにおいても、プロフィールシートはすべてを埋めましょう!その後の自己紹介タイムで、相手との共通点を探すはずです。その際の話のネタにもなりますので、シートは手を抜かないことがポイントです。

会話時には、話を相手にリードしてもらうばかりではなく、自分から積極的に話しにいきましょう。相手の話をさらに深堀するような質問を意識的に投げかけることでも話が弾みます。

第一印象チェックでは、恥ずかしがらずに、気になった人をできるだけ多く記載してみてください。みんなたくさんのお名前を書いているので、ご安心を!

マッチングタイムも、今ではみんなの前で発表されるケースは非常に稀になっています。本人だけに伝えられるケースが多いので、どんどん記載しましょう。

まとめ:婚活で選ばれたいなら努力も必要

「婚活うつ」という言葉も昨今よく聞きます。「婚活がうまくいかない」そう悩んでいる人が少なくないのです。

選ばれるには、本記事で紹介したような努力も必要です。何もしなくても選ばれるのであれば最高ですが、なかなかそうはいかない人も多いはず。確実な「結婚」を目指すのであれば、流れに身を任せるだけではなく、自分を改善することも重要です。

本記事で紹介した内容は、もちろん婚活が有利に進められるよう頑張ることでもありますが、同時にビジネスや日常生活でもプラスになることばかりです。

婚活にばかりフォーカスして考えると気疲れしてしまいます。自分磨き・自己研鑽だと思って一つひとつを改善しようと思えば、少しは楽しみながら、「選ばれる自分」を目指せるかもしれません!

ぜひ楽しみながら、婚活を続けられるよう、自身でも工夫してみてください!

株式会社ジャストマリッジでは、ワクワク楽しい婚活”Fun婚活”をコンセプトに、結婚を目指す方の婚活支援サービスをご提供しております。ご自身の考えの整理から、本人の性格や考えに合った婚活方法のご提案、具体的なお相手とのやり取りのアドバイスまで、伴走してサポートしております。

「なんとなく婚活しているがうまくいかない」「何を改善すればいいの」と迷っている方は、ぜひ婚活のプロへご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です